お役立ち 印刷通販ユーザー必見!デザインやデータ作成に役立つ情報を伝授します。

連載:印刷のプロが厳選!まとめ

自作でポスターできる制作アプリケーションまとめ!イベント告知やインテリアに活用 
ポスター制作に役立つアプリ

夏祭りや花火大会はもちろんのこと、多くの人が行き交う中で目に留まりやすいポスターが必要になる機会も増えてきた今日このごろ。
ポスターを作りたいけれど、Adobe illustratorやPhotoshopなどの専門的なアプリケーションを持っていない、使えないからと諦めてしまってはいませんか?

今回はillustratorやPhotoshopを持っていなくてもポスターのデザインが作成できるアプリケーションをご紹介します。

※アプリケーションにより書き出し可能なファイル形式やデータの仕様が異なります。入稿の際には、必ず入稿先の印刷会社のご注意点や案内を確認した上で入稿を行いましょう。

使い慣れたアプリでデザインを作りたい人には「PowerPoint」



https://products.office.com/ja-jp/powerpoint

「ノンデザイナーでもできるデザイン」でもおなじみのPowerPoint。本来はプレゼン資料を作成するためのアプリケーションですが、ポスターはもちろん、チラシやポストカードなど様々なデザインを作ることが出来ます。
同シリーズでPowerPointとともに多く使用しているWordだと最大で558.7mm×558.7mmまでサイズ指定が可能ですが、PowerPointでは最大で1422.2mm×1422.2mmまで大きなデータを作成することが可能です。


さらにホーム画面の検索ボックスから「ポスター」と検索すると、Microsoftが配布しているテンプレートを利用することができます。テンプレートを活用すればさらに簡単にポスターを作ることが出来ますね。
Wordに比べて文字やオブジェクトの配置なども扱いやすいため、プレゼン資料作成はもちろん、デザイン作成にもオススメなアプリです。印刷通販の「イロドリ」ではppt形式、pptx形式の入稿も受け付けています。

最大サイズ:1422.2mm×1422.2mm
オススメ入稿形式:ppt、pptx、pdf

細部までこだわりのデザインが作りたい人には「Inkscape」



https://inkscape.org/ja/

「Inkscape」はAdobe illustratorに似た無料のアプリケーション。無料ながらもIllustratorと同等の機能を備えており、拡大縮小しても粗くぼやけることのないベクターデータを扱うことが出来ます。 Illustratorは持っていないけれど本格的なものが作りたいという方も、もともとIllustratorを使用していた方にもオススメです。
専門的なアプリケーションは、敷居が高くて難しそう…と躊躇しているのであれば、Inkscapeで試してみるのもありではないでしょうか。
最大サイズ:10,000,000mm×10,000,000mm
オススメ入稿形式:eps、pdf

写真をメインビジュアルで使用したい人には「GIMP」



https://www.gimp.org/

GIMPはPhotoshopに似た無料の画像編集アプリ。Photoshopと同様に画像の明るさや色調補正が可能なので、人物や風景、イベントの写真などを加工して、印象的な写真をメインビジュアルとして使用したい方にオススメのアプリケーションです。
オープンソースなので、プラグインやカラープロファイルの追加といったカスタマイズも可能。カスタマイズすることでより使いやすく、求めているデザインを作りやすくなります。

最大サイズ:44389.72mm×44389.72mm
オススメ入稿形式:jpg、pdf

手描きの風合いを活かしたい人には「ファイヤーアルパカ」



http://firealpaca.com/ja/

イラストレーター向けペイントアプリである「CLIP STUDIO」や「Painter」などに似た無料のイラスト作成向けのペイントアプリ。
イラスト作成に特化したアプリケーションのため、機能や操作性もシンプルで直感的に作り進めていくことが出来ます。手書きの線画をスキャンして色をつけたり、デジタル上で絵を描いたりなどでポスターを作りたい方にオススメです。

最大サイズ:1451.4mm×1451.4mm
オススメ入稿形式:psd、pdf

まとめ


アプリケーションによって得意な表現が異なります。どのアプリケーションもチュートリアルや操作説明が充実しているので、まずは操作感をお試ししてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、Adobe製品は体験版(無料)があります!


お仕事で使う人やデザイナー向けなのでは…と手を出しにくい印象のあるAdobe IllustratorやPhotoshopのアプリケーション。実はAdobe公式サイトでは各アプリケーションの7日間使用できる体験版が配布されています。あくまで試用体験のためなので商用利用はNGですが、体験版の機能制限はありません。

Photoshopなら月額980円で使用できるうえ、Adobe公式サイトでは定期的にセール価格での販売も行われています。写真加工や補正はもちろん、デザインやイラスト、アニメーションなど様々な作業ができる便利なアプリケーションですので、これを機に導入の検討もアリかもしれません。

ポスターを作ったあとは「1枚からOK!のポスター印刷」を注文しよう!
イロドリへGO!

ポスターのサイズでお悩みの方には、こちらの記事もおすすめいたします。
お役立ち

どのサイズのポスターが一般的!?使用例から選んで作成しよう!


タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加