お役立ち 印刷通販ユーザー必見!デザインやデータ作成に役立つ情報を伝授します。

連載:初心者のための印刷基礎

ポスター印刷とインクジェット出力のポスターは、どちらがお得!? 
インクジェットポスターはお得
印刷通販のイロドリでの人気商材「ポスター」は、大きさやカラー情報など、仕様を選んで簡単に注文ができます。
ポスター印刷の種類
通常のポスター(オフセット印刷)の最少枚数は、10枚から注文できます。一方、10枚以下の場合は、「インクジェット出力ポスター」がございます。
こちらの商品は、1枚から注文OKで送料無料となっており、小部数のプリントが得意なインクジェットプリンタで印刷しております。通常のポスター印刷と比べ、印刷方式以外に異なる点があるのか、比較してみましょう。

用紙の種類に違いがあります

チラシやポスターでよく使われている、印刷通販のイロドリでも大人気の用紙は、用紙の表面に程よい光沢感のある「コート紙」です。
しかし、インクジェットのポスターで使われる用紙には、「コート紙」がございません。

このコート紙に類似している用紙は、「光沢フォト紙」になります。
光沢フォト紙は、コート紙に比べ、光沢が若干強い用紙です。なお、用紙の厚さは、インクジェットのポスター用紙の方が厚く、コシがあります。
印刷方式 用紙名 用紙の厚さ(目安)
オフセット印刷(通常) コート135kg 0.13mm
インクジェット印刷 光沢フォト紙 0.20mm


枚数、価格帯を比較

次に、必要枚数や価格帯で比較してみます。
通常のポスターは、最少枚数10枚より注文ができます(1枚からの注文も可能ですが、価格帯は10枚と同様)。10枚以下の場合は、インクジェットポスターをおすすめしておりますが本当にお得なのかどうか、比べてみます。
ポスター印刷の価格比較

光沢フォトの用紙の場合、1枚~7枚まではインクジェットポスターの方がお得、8枚以上では通常のポスターがお得である結果が判明しました。
他にも印刷納期や異なる用紙で見比べたい場合は、印刷通販イロドリの「商品比較・お見積発行」ページで比較してみてください。
バックナンバー

商品の比較・ご検討が簡単&便利!見積書ダウンロードで試してみよう


インクジェットポスターは、パネル加工もOK!

特設会場や展示会場で目に留まる「パネル」は、インクジェットポスターより注文が可能です。価格表の「2-印刷仕様」で「出力+パネル加工」をお選びいただけます。

10枚以内のパネル加工であれば、サイトで注文が可能です。
なお、10枚以上のパネル加工をご希望の際は、通常のポスター印刷の用紙を使ってパネル加工をいたします。ご要望の際は、お気軽にお問い合わせください。専任のセールスサポートスタッフが応対いたします。
10枚以上のパネルを作りたいときはイロドリへなんでもご相談ください

まとめ

インクジェットポスター印刷の強みは、短納期でありながら1枚から注文OKで送料が無料であることです。印刷に必要な日数や枚数によって、お得な印刷方式が異なります。
印刷日数を長めにしたり、対象の用紙を変更してみたりするなど、様々な角度で比較検討されてみてはいかがでしょうか。

ポスターやパネルを作りたいときはイロドリへなんでもご相談ください。
各種ポスター印刷はこちら


※本記事で紹介している商品の価格は、2022年8月1日時点の価格となります。
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加