やってみた 印刷物であんなことやこんなことをやってみた、編集部の挑戦の記録!

連載:その商品、ハウマッチ?

夏にお勧めのプリントTシャツはどちら?~インクジェットプリントと転写プリント~ 
インクジェットプリントと転写プリント
暑い日が続いていますが、清々しく過ごせておりますでしょうか。
印刷通販のイロドリでは、チラシやポストカードなどの紙媒体商品以外にも多彩な商品があります。今回は、その中で今の時期にお勧めする「Tシャツプリント商品」をご紹介いたします。

自然な風合いがある「インクジェットプリントTシャツ」


写真やイラストなど、カラーのプリントを施したいときには、イロドリの「フルカラーTシャツ(インクジェットプリント)」がおすすめです。
インクジェットプリントとは、Tシャツ生地に直接インキを吹き付けてプリントする方式です。
生地に直接プリントするため、発色は生地色に左右され、自然な風合いが保たれます。白色のTシャツでは、発色が豊かに、ピンクやグリーンのTシャツでは、生地色とプリント色が馴染み、多少ぼんやりした雰囲気になります。

カラーの生地Tシャツへプリントの際は、発色に注意が必要です。
インクを直接吹き付けるため、柔らかな風合いと着心地を実現します。

黒や紺色など濃色のTシャツには「転写プリントTシャツ」


転写プリントとは、転写用の白いシートにフルカラーでプリント後、熱を加えて圧着してTシャツに転写するプリント方式です。転写プリントは、専用シートからデザインを写す形になるので、より色鮮やかな発色のTシャツに仕上がります。
なお、転写プリントは、圧着した接地面は、シートの影響でTシャツ生地が硬り、多少ごわつき感と転写特有のツルツルした状態が残ります。
発色を優先するのであれば転写プリントTシャツ、着心地を優先するのであればインクジェットプリントTシャツがおすすめです。

素材や製法にこだわった、メイドインジャパンのTシャツ

光沢と柔らかさを兼ね備えている「コーマ糸」を生地に使用し、厚すぎず、薄すぎない36番手という絶妙な厚み。伸縮性のあるコットン100%のフライス生地として編みたてることで、タイトなシルエットながら抜群の着心地を提供します。洗濯をしても毛羽立ちにくく、生地表面の美しさが長持ちする、最高品質のTシャツです。

転写プリントは、プリント部分に多少厚みが加わり着心地に左右されますが、イロドリがおすすめするメイドインジャパンのコットン100%Tシャツとの組み合わせで、抜群の着心地に変わります。

ぜひ、こだわり素材のTシャツと転写プリントを組み合わせたプリントTシャツを作って、暑い夏を乗り切りましょう。

【インクジェットプリントTシャツの各種仕様】
Tシャツサイズ:M
Tシャツ素材:綿100%
印刷範囲:210×297㎜以内
印刷カラー:片面フルカラー
印刷方法:インクジェット印刷
印刷枚数:5枚
参考価格:10,095円(税込)
イロドリサイト「フルカラーTシャツ(インクジェットプリント)」 よりご注文いただけます。

【転写プリントTシャツの各種仕様】
Tシャツサイズ:M
Tシャツ素材:綿100%(日本製)
印刷範囲:180×267㎜以内
印刷カラー:片面フルカラー
印刷方法:転写印刷
印刷枚数:5枚
参考価格:17,532円(税込)
お問い合わせフォームより、イロドリック掲載Tシャツである旨を記載の上、お問い合わせください。

着心地バツグンのTシャツを作りたいときはイロドリへなんでもご相談ください。
ご相談はこちら
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加