お役立ち 印刷通販ユーザー必見!デザインやデータ作成に役立つ情報を伝授します。

連載:印刷のプロが厳選!まとめ

配色選びや色の組み合わせに役立つサイト6選 

広報誌や会社の案内などを作成するときに、色選びは重要な要素のひとつです。色を変えれば誌面の雰囲気もガラリと変わり、色選びはプロのデザイナーにとっても悩ましいところ。

そこで今回は、「イロドリ」のデザイナーも制作時に参考にしている、配色に役立つサイトをまとめました。

色の名前が一目でわかる「原色大辞典」

matome_color_001
http://www.colordic.org/

「原色大辞典」は色の名前と配色が確認できるサイトです。選んだ色から、彩度や明度の違う色の情報を参照できます。また、色カテゴリがタブで分かれており、好みのカラーを探しやすいことが特徴です。

例えば、着付け教室のチラシやお茶会のご案内を「和風」のデザインで作成するとしたら、「和色大辞典」のタブから和にちなんだ色だけを探せます。イロドリのデザイナーは、お客様から「藤色」や「若草色」と色の指定をいただいたときに、このサイトを参考にして制作しています。


色の組み合わせに迷ったら「TAG<index>」

matome_color_002
http://www.tagindex.com/color/color_pattern.html

「TAG<index>」は、どの色を使うか迷っている人にオススメなサイトです。Webデザイナー向けに作られたサイトで、「シンプルな配色」や「ナチュラルな配色」など、たくさんの配色パターンがあらかじめ用意されています。

特徴は、「配色パターン」をクリックすると、オーソドックスなWebページのプレビューが見られること。チラシや会報誌など、Web以外の配色にも利用できます。


色を選ぶだけでOK!「ウェブ配色ツール Ver2.0」

matome_color_003
http://www.color-fortuna.com/color_scheme_genelator2/

「ウェブ配色ツール Ver2.0」も、配色パターンをプレビューで確認できるサイトです。画面右上の円形状のカラーピッカーで色を選ぶと、サイトであらかじめ用意されたロゴや文字などの色もそれに合わせた色に変更されます。変更された色情報は、センターのテンプレートで確認できます。操作方法や配色のヒントも詳しく説明されているので、パソコンに不慣れな人でも簡単に操作できるところがいいですね。

プレビューで完成イメージが見えるので、イロドリのデザイナーたちが冊子やパンフレットなどページのある印刷物のデザインをする際に、配色の参考にしているサイトです。


シンプルに楽しめる「HUE/360」

matome_color_004
http://hue360.herokuapp.com/

「HUE/360」は、メインにしたい色を1つ選んでクリックするだけ。選んだ色と相性の良い色を絞り込んでくれるので、時間があまりないときにもおすすめです。

選んだ色はページの下に保存されて、パッと見るだけで比べられるのも特徴です。


身近な雑誌のカラーよりチョイス「Color of Books」

matome_color_005
http://colorchart.jp/

「Color of Books」は、ファッション誌やスポーツ誌に使われている色の情報を割り出してくれる画期的なサイト。例えば、「AneCan」6月号の表紙を参考にしたいなど、気になる雑誌の表紙のカラー情報を参考にできます。

雑誌は、人気のアイテムや時事にまつわる情報がたくさん詰まっているトレンドの宝庫。身近な雑誌から、手軽に旬の配色を取り入れましょう。


配色パターンを自由に生成できる「Adobe ColorCC」

matome_color_006
https://color.adobe.com/ja/create/color-wheel/

「Adobe ColorCC」は、画面中央にあるカラーホイールでカラーをクリックすると、そのカラーに合う色を4つ抽出してくれます。また、「カラールール」と呼ばれるイメージカテゴリを選ぶと、配色パターンを決めてくれます。

なお、サイト右上のカメラマークをクリックすると、手持ちの写真データからカラーテーマの抽出もできます。イロドリのデザイナーは、チラシやポスターなどのデザイン時に、よく利用しています。


おまけ:カラー情報を簡単に変換「カラーコード変換ツール Ver3」

matome_color_007
https://syncer.jp/color-converter

これまで紹介したサイトは、Webで使うカラーコードが参照できるサイトでした。しかし、実際に印刷物をつくるとなると、印刷用のカラーコードも必要ですよね。

「カラーコード変換ツール Ver3」は、各種カラーコードを変換できるサイトです。ひとつのカラーコードを入力すると「RGB」や「CMYK」の色情報を抽出できます。印刷物をつくりたいけど、カラーコードがわからない! なんてときに使えそうですね。


まとめ

デザイナーに限らず、ちょっとしたプリントや資料をつくる方にも役立ちそうですね。どのサイトもカンタン操作で配色を絞り込めるため、デザイン制作の時間をググッと短縮できます。ぜひ利用してみてくださいね。

セールチラシや運動会ポスターなどをを作りたいときは何でもご相談ください。
デザイン・制作のご注文・ご相談はこちら
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加