お役立ち 印刷通販ユーザー必見!デザインやデータ作成に役立つ情報を伝授します。

連載:初心者のための印刷基礎

どうして写真は粗く印刷されるのか?解像度についての疑問を解消しよう。 
オリジナルのチラシやプレゼン資料を作って印刷してみたら、なんだか画像がぼやけて印刷されてしまった…なんてことはありませんか?
ぼやけて見えてしまう原因、それは画像の「解像度」が関係しています。
今回は、綺麗に印刷をするために必要な「解像度」についてご紹介します。

画像がぼやける原因は「解像度」

解像度とは、写真やイラスト、ロゴマークなどのデジタル画像のきめ細かさのことです。
画像とは、細かな点の集まりで表現されています。細かな点の密度が高いほど解像度が高く、印刷時に鮮明に表現されます。
4アートボード 1

解像度は「dpi(dot per inchの略)」という単位で表します。
アートボード 1
一般的な商業印刷物の場合、「300~350dpi」程の解像度が適正と言われています。
web用に掲載されている画像は、「72~96dpi」が適正値です。
12アートボード 1
web用画像をそのまま印刷した場合、およそ4分の1、5分の1ほどの解像度しかないため、ぼやけて印刷されます。
印刷してみたら粗い表現になっていた…という方は、ピクセル数の少ないweb用の画像を印刷されたのではないでしょうか。

解像度と出力線数

解像度が低い場合、印刷時にぼやけてしまうという問題が発生します。とはいえ解像度が高すぎてもいいわけではありません。
解像度がとても高い写真を印刷すれば、その分綺麗な印刷物が仕上がる…ということではないのです。

印刷物には、解像度と同じように表現のきめ細かさを表した「出力(スクリーン)線数」というものがあります。

チラシなどの商業印刷物をオフセット印刷で行う場合、一般的に「175線」程の印刷機が使用されます。
印刷物の解像度は、出力線数の2倍ほどが適正と言われているため、300~350dpi程の解像度が求められます。

これ以上の解像度の場合、データ上では350dpi以上あったとしても、印刷時に表現をすることができません。
500dpi、600dpi程の高解像度の画像をそのままの解像度を保持して印刷できたとしても、人間の目ではそこまでの解像度は判別することもできないのです。

さらに、解像度の高い画像は、データ容量も大きくなるためにエラーが出たり、作業時にフリーズを引き起こす原因にもなります。

300~350dpiの解像度の画像を、チラシと同じ感覚で大きなポスターに使用するのもあまりおすすめできません。
チラシなど手に取って印刷物を見る場合には、300~350dpiの解像度が適切ですが、壁に貼ってあるポスターなどはチラシに比べて目と印刷物の距離が生まれます。
9アートボード 1
解像度がある程度低くてもあまり分かりませんし、画像サイズが大きいこともエラーやフリーズの原因となります。
大きなポスターであれば、150~200dpi程でも十分に綺麗に見ることができます。

適正な解像度を持ったデータを利用することを心がけ、綺麗な印刷物を印刷することが大切ですね。

なぜ解像度は上がらない?

低解像度の画像をそのままのサイズで解像度を変更し高解像度へと変更した場合、下のイラストのように点の密度は増えていても、粗い状態のままになってしまいます。
11アートボード 1
しかしながら、画像全体を縮小することで、点と点の密度が上がるため、「原寸の写真に比べて綺麗に見える=解像度が上がっている」となるわけです。

この方法は、元々の画像のサイズが大きい場合には有効です。しかしサイズが小さい場合、より小さくなってしまうのでご注意ください。

文字が綺麗に印刷できる秘密は「ベクター」データ

資料を印刷してみたら、画像は粗くぼやけているのに、文字はくっきり綺麗に印刷された。そんなことはありませんか?
これは、画像は「ビットマップデータ」、文字は「ベクターデータ」で作成されているためです。
3アートボード 1
これまでにご紹介した通り、画像は点の集まりで表現されています。こう言った点の集まりで表現される画像のことを「ビットマップ画像」と呼びます。
対して文字の部分は、比例・反比例のグラフのように始点と終点の座標の間に線を引くことで表現しています。
そのため、文字の輪郭線はいくら拡大しても粗くなることはありません。
これを「ベクターデータ」と呼びます。
2アートボード 1
どちらの形式にも得意・不得意があるため、どちらか片方が優れているわけではありません。
状況にあった形式を使用することが大切です。

印刷通販の「イロドリ」では、印刷用データ内に粗くぼやけて印刷されてしまう画像がないのかを無料でチェックするオプションがあります。
印刷データの入稿時(step6 データ入稿フォーム)にてオプションをお選びいただけますので、ぜひともご活用ください。
10アートボード 1

まとめ

綺麗に印刷を行うには、解像度はとっても大切な要素です。適切な解像度を理解して、チラシもポスターも、ステキなものを作り上げましょう。
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加