バックナンバー IRODOLIC! の歴史がわかる! 2015年1月~2016年3月の記事アーカイブ。

連載:Officeでハイクオリティ印刷

Wordの「テクスチャ」を使ってマスキングテープを作る方法 
Microsoft Officeのソフトを使った
デザインを紹介するこのコーナー!
今回はWordの機能の活用術をご紹介します!

Office Wordの【テクスチャ】とは


Wordの【テクスチャ】という機能、ご存知ですか?
テクスチャとは物の質感や手触りのことで、
Wordでは図形に、木や布の質感のある模様を貼り付けられる機能です。

01

デフォルトで入っているこのような模様を

02
図形に貼り付けることができます。

一瞬で模様ができるなんてとっても便利ですね!
しかしこの機能、それだけではないんです。
今回はこのテクスチャ機能を使ってできる、便利なテクニックをご紹介します!

【テクスチャ】機能を活用しよう!


03-2
まず、【図形ツール】で斜めに並んだ2つの丸を書きます。
この2つの丸をコピーしたら、一旦Wordから離れて違うアプリを使います。

04-3
何を使うのかというと……【ペイント】です!
Windowsに付属するおなじみのペイントソフトですね。

05-2
Wordでコピーした図形を、ペイント上に貼り付けます。
用紙が大きく余計な余白ができる場合は調節してください。

07
【名前を付けて保存】から、【PNG画像】で保存します。
保存したらペイントの出番はここまで。Wordに戻ります。

09-2
Wordで適当な図形を作り、
【書式】から【図形の塗りつぶし】の下のほうにある【テクスチャ】を選択します。
テクスチャのさらに下にある【その他のテクスチャ】をクリックすると……

10-3
このようなウインドウが出てきますので、
①【塗りつぶし(図またはテクスチャ)】にチェック

②【図の挿入:ファイル】から、ペイントで作成したデータを選択

③ファイルのすぐ下にある【図をテクスチャとして並べる】にチェック
と設定すると…

11
なんと!先ほどの図形の塗りがピンクのドットに!
ペイントで作ったデータがテクスチャとして適応されました!

12
テクスチャは、四角以外の図形でもこのとおり、同じように柄が入ります。

13
図形のサイズを変えても、テクスチャの比率は変わりません。
ちょっと横幅を広げたりといった手直しをしても、テクスチャはそのまま維持されます!
テクスチャ自体の変更は、適応するときに開いたウインドウから設定できます。


いろいろな柄を作ってみた!


14
同じ手順で、いろいろなパターンを作ってみました。
ポイントは上下左右がつながるようなデザインにすること。それだけなのです。

15-2
かわいい柄ができたら、左右をギザギザにした長方形に貼り付けてマスキングテープ風に!

16
並んだ四角にランダムに配置してパッチワーク風のデザインも!
どちらも簡単に作れます!

17
メッセージカードをデザインしても、とってもかわいく仕上がります。

作ったパターンさえ保管しておけば、いつでも好きな時につかえます。
ちょっとした装飾をしたい時にもとっても便利です!
テクスチャ機能を活用して、簡単に華やかなデザインを作ってみてはいかがでしょうか!
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加