バックナンバー IRODOLIC! の歴史がわかる! 2015年1月~2016年3月の記事アーカイブ。

連載:Officeでハイクオリティ印刷

パワーポイント(PowerPoint)の「図形の結合」を使って桜のイラストを描いてみた 
Microsoft Officeのソフトを使って、デザインを紹介するこのコーナー!
今年も早いものでもう2月、学生の方は卒業シーズンですね。

卒業式となると、なかなか会えなくなるからと手紙を書いたり
アルバムに寄せ書きをしたりすることも多いです。
中にはクラス全員に一言メッセージを用意するマメな人もいたりしますね。

ということで今回はPowerPointを使って、
卒業シーズンにピッタリなメッセージカードを作っていきます!
卒業記念のメッセージカードを自分でデザインしてみませんか?

作り方

今回使うのは『図形の結合』です。
ハロウィンのかぼちゃ作りでもちらっと紹介している、
図形同士をくっつけて1つにしたり、重ねた部分を切り抜いたりできる便利なツールです。

バックナンバー

Officeでハロウィンなデザインをしてみた!



『接合』は重なった図形をくっつけて1つの図形にする
接合-01

『型抜き/合成』は重なっている部分を切り取って、図形同士を1つの図形にする
型抜き合成-01

『切り出し』は重なっている部分を独立した図形にして、バラバラのパーツにする
切り出し-01

『重なり抽出』は、図形同士が重なった部分だけを残す
重なり抽出-01

『単純型抜き』は、先に選択した図形を後から選択した図形で型抜きする
単純型抜き-01

といった具合に、『図形の結合』の中にも様々な効果が存在しています。
こちらを使いこなすと、単純な図形同士を組み合わせたり切り抜いたりすることで
図形挿入には無い複雑な形でも簡単に作れます。
こちらのコーナーでお馴染みの『フリーフォーム』はちょっと難しい……
という方は、これを使えると表現の幅がぐっと広がりますよ!

桜の花を作ってみよう!


それでは、説明と練習を兼ねて桜の花作りに挑戦してみましょう。

楕円と三角形をこのように重ねます。
01-01

楕円から先に選択して、『図形の結合』から『単純型抜き』を選びます。
02-02-01

すると楕円から三角の部分が切り取られ、先がギザっとへこんだ形になります。
03-02-01

あとは丸い方の端を『頂点の編集』で細くせばめれば、桜の花びらの型になりました!
204-0-01

花びらを5つに増やし、それぞれ72度刻みに回転させ、バランスを取れば桜の完成です!
05-01
花びらを離したり重ねたり、丸でめしべを表現したり、お好みでアレンジしてください。
型抜きができるととっても簡単に作れましたね。

メッセージカードを作ってみた!

『図形の結合』がどんな機能か掴めたでしょうか?
それではいよいよ、今回のメインであるメッセージカード作りです!
06-01
じゃん!
学校らしくということで、制服のデザインです!
メッセージを書く裏面は、先程作った桜で飾っています。
制服を着る機会も卒業式が最後……
大人になってこのメッセージカードを見返したときに、毎日のように着ていたな~…
なんて思い出してちょっぴり切なくなってしまう。
そんな情景を思い描きながらデザインしてみました。
07-01
線だけにしたものがこちら。
意外とスッキリした構造で、簡単に作れることがわかりますね。
丸や四角や三角といった基本的な図形と、『図形の結合』を使って制作しています。
襟を例にすると、まず三角形で襟にしたい形を作って、
08-03-01
枠からはみ出すところを長方形で囲います。
09-02-02
三角と長方形を選択して、『単純型抜き』をすると、必要な部分だけが切り出せました。
10-02-01

スカーフは2つの丸を重ねて、『重なり抽出』をします。
11-02-01
楕円だけでは難しい、端がキュっと絞られた型も簡単にできました。
『図形の結合』でも思った形にならない時は、
大まかな形を作ってから『頂点の編集』で調節すると作りやすいですよ!

「私の学校ブレザーなんです!」という人もご安心ください!
色々なパターンの制服を作ってみました!
312-0-01
最初に作った桜で襟元を飾ったり、パターン柄を使って、かわいいかんじに仕上げました。
できるだけ元々ある図形を使いながら、
表現しづらいところやはみ出す部分をカットしたい時などに『図形の結合』を使うと、
構造が複雑にならずに編集や手直しがしやすいデータになりますよ!

ご自分の学校の制服バージョンを作って、メッセージカードにしてみてはいかがでしょうか!
思い出の詰まった制服のデザイン、きっと喜ばれること間違いなしですよ!
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加