バックナンバー IRODOLIC! の歴史がわかる! 2015年1月~2016年3月の記事アーカイブ。

連載:検証してみた

事務用品の定番!“封筒印刷”を検証してみた!第4弾! 
こんにちは。WEBサポートの山本です。
ではなく、デザインサポートの新川です。
こちらのコーナーにもちゃっかり登場です。

イロドリ商品の機能性や耐久性をいろんな視点で検証していくコーナー。
今月は、ダイレクトメールや資料の受け渡しに大活躍の“封筒・挨拶状印刷”を検証しています。

第4弾はちょっぴりテイストを変えて、封筒の活用法を考えていきます!

封筒に”マチ”が欲しい!


角2封筒を使用する際に、
「複数の書類を1つの封筒に入れたいのに厚みがあって入らない!」
「封筒に本を入れて送りたいけど、厚くて封筒がくしゃくしゃに・・・」
なんてことはありませんか?
そんな時に便利なのが”マチ”です!
普通の封筒にはついていないマチも、少し手を加えるだけで、自分で作ることができるんです。
今回は、イロドリでご注文の多いケント紙の封筒でやってみました!

まず、封筒の下部を赤線のように折っていきます。
定規で綺麗にまっすぐ折っていくのがコツです!
封筒_折

マチの大きさが決まっていない場合は
のりしろの部分に合わせて折ると、簡単に折れますよ!!
しっかりギュッギュッと折っていきます。

折ったものがこちら
IMG_6356
ここでしっかり折っておくと仕上がりが綺麗になります。

次に、封筒の左右の折り目をつけた箇所を山折に、元々ある折り目を谷折にしていきます。
そして、折り終わったら、赤い星の部分を折り込んでいきます。
IMG_6392

折り終わったものがこちらです。
IMG_6392
ここまでくれば完成です!

IMG_6358
やったー!!封筒が立ちましたヽ(*´Д`*)ノ!!!!
マチがない封筒でもしっかりとしたマチを作ることができました!
所要時間は約15分ほど。欲しい時にすぐできますね!

IMG_6396
ちょっと厚めの本を入れてみましたがラクラク入りますヽ( ̄▽ ̄)ノ

余った封筒を活用したい!


社名や所在地の変更に伴い、封筒を一新したり、
買いすぎてしまって使い道がない・・・なんて封筒はございませんか?
「捨てるのもなんだかもったいない」と残っている封筒があれば試していただきたいのが、
今回ご紹介する「長3封筒でかわいくラッピング」です!

用意するものはこちら
IMG_6363
残った長3封筒と、マスキングテープなどのお好きな装飾アイテムがあればOK!

まずは封筒の「ベロ」の部分を切り取っていきます。 小さめに作りたい場合は、封筒の1/3くらいまで切るとちょうどいいです。 IMG_6362


次に、封筒の下の部分を切り取っていきます。
この切り取った部分からお菓子等を入れていきます。
IMG_6365

赤丸を合わせるようにして袋の口部分を閉じ、三角型に整えます。
IMG_6397

整えたら、閉じた部分の折り目が上になるように、元々ベロがあった部分から蛇腹状に折ってホッチキスやテープで止めます。
IMG_6367

後は切っておいた底の部分からお菓子を入れて閉じれば完成です!
IMG_6370
コロッとかわいい三角形型のラッピングができました!

ただ、このまま真っ白な状態だとプレゼントしたときに、ちょっと寂しい・・・!
と、いうことで!
先ほど用意しておいたマスキングテープを使って、
デザインサポートメンバーで、わいわい楽しくデコレーションしてみました!






それがこちらです!
3人分
じゃ~んヾ(●´▽`●)ノ彡☆
いかがでしょうか?
今回は、左からクラフト封筒、ピンク、ブルーの封筒を使用しています。
マスキングテープのみのデコレーションですが、封筒できているとは思えないくらい可愛くなりました!
折りかたをちょっと工夫すればいろいろなアレンジができそうですし、
リボンや造花などを飾るとさらに豪華になりますので、
可能性が無限大☆な「長3封筒でラッピング」を試してみてはいかがでしょうか??


今後もイロドリ商品の機能性や耐久性をいろんな視点でどんどん検証していきます。
これお願い!とか何かお題があったら喜んで検討いたします。

さあ、次は何を試そうかな?
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加