バックナンバー IRODOLIC! の歴史がわかる! 2015年1月~2016年3月の記事アーカイブ。

連載:検証してみた

カラー封筒とフルカラー印刷の相性を徹底検証 
こんにちは。WEBサポートの山本です。
イロドリ商品の機能性や耐久性をいろんな視点で検証していくコーナー。
今月は、ダイレクトメールや資料の受け渡しに大活躍の“封筒・挨拶状印刷”を検証します。

おすすめの白封筒で刷ってみた!


今回は、イロドリックの横バージョンのロゴマークを使って封筒を作成します。
使用するのは洋長3封筒サイズ。予め用紙に郵便番号枠が印字されている封筒で試してみます。紙の種類は、白封筒でおなじみの「ケント」用紙を選びます。
「洋長3封筒」とは、横型の封筒で、A4サイズの用紙を3つ折りで入れるのにちょうど良い大きさの封筒となります。

kenshou_0819-2
郵便枠とイロドリックのロゴマークの印刷が重なってしまいました。トホホ(ノД`lll)…

こんなミスをしないため、イロドリのトンボ付きテンプレートには、郵便番号枠のエリアに注意書きが入っております。ぜひご参考にしてくださいね。
kenshou_0819-1
ちなみに、封筒のテンプレート周囲の水色部分も印刷できないエリアです。ご確認ください。
>>印刷通販のイロドリ「テンプレート/封筒印刷」はこちら

また、洋長3封筒及び洋2封筒は、封筒のフタ部分(上)に対し、郵便番号枠が右下につきます。
住所や社名を配置の際は、全体のバランスにご注意くださいね。
kenshou_0819-3
郵便番号枠付きの封筒の場合は、左端に情報を配置するとスッキリまとまっていいですね。

なお、宛名ラベルなどを使用して書類を送付する場合は、ラベル内に郵便番号情報を記載できますので、“郵便番号枠なし”の用紙をおすすめします。
kenshou_0819-4

カラー封筒で発色を試してみた!


先日の検証で、カラー封筒も交えながら比較しておりましたが、そのカラー封筒を使ってカラフルに印刷してみたい!!しかしながら、予め色が付いたカラーの封筒にカラーで印刷をしたら、発色はどうなるのでしょうか?

kenshou_0819-5
先ほどのイロドリックロゴマークを使って印刷してみましょう。

まずは、黄色系の文字の発色を比較!
kenshou_0819-10
上からアクア、ホワイト、ブルー、グリーン、グレー(透けない用紙)
IRODOLIC!の“O(オー)”の黄色いマークが濁った色になっておりました。

そして、青系の文字も比較すると
kenshou_0819-11
上からアクア、ホワイト、ブルー、グリーン、グレー(透けない用紙)
IRODOLIC!の“LI(エルとアイ)”をご覧ください。特にグレー封筒では沈んだ色に変わっておりました。

淡い色ほど、封筒本体の色が影響して発色がイメージと異なってしまいました。
パステル系のカラーを使用して印刷をする場合は、白い封筒をおすすめします。

ちなみに、洋長3封筒以外のサイズでラインナップのある“クラフト(茶封筒)”ですが、
こちらにカラーのロゴをはめてみると
kenshou_0819-8
封筒色に印刷が馴染んでおり、レトロな雰囲気に仕上がりました。
下地となる封筒の茶色に左右され、全体的に色が沈んでしまいました。

カラー封筒をお使いになる場合は、封筒の下地の色も考慮しながら製作してみてはいかがでしょうか。

印刷通販のイロドリ「封筒印刷」はこちら
イロドリへGO!
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加