バックナンバー IRODOLIC! の歴史がわかる! 2015年1月~2016年3月の記事アーカイブ。

連載:検証してみた

事務用品の定番!“封筒印刷”を検証してみた! 
こんにちは。WEBサポートの山本です。
イロドリ商品の機能性や耐久性をいろんな視点で検証していくコーナー。
今月は、ダイレクトメールや資料の受け渡しに大活躍の“封筒・挨拶状印刷”を検証します。
kenshou_0805-0

2種類あります!


イロドリでは、「刷込封筒(既製/フルカラー)」と「刷込封筒(既製/1・2色)」をご用意しております。
いきなり専門用語!?“刷込”って何でしょう?

商品として完成しているもの(既製品)に印刷を施すことを、一般的に“刷込”と言います。
既製の封筒に印刷するため、イロドリでは“刷込封筒”と呼んでいます。
印刷範囲に制限はあるものの、少ない部数も対応できるようになっており、大変重宝されております。

ちなみにオリジナル(別注・別製など)封筒と呼ばれものは、
1枚の大きな紙に印刷したあと、切って折って糊付けし、封筒に仕上げます。
オリジナリティーを出したいときや、多くの枚数が必要の場合はオリジナル封筒となります。こちらもお気軽にお問い合わせくださいね。

“フルカラー”と“1・2色”の違いは?


封筒の商品名には“フルカラー”と“1・2色”と書かれています。
kenshou_0805-10
“フルカラー”はさすがに判るのですが、“1・2色”ってどういう意味でしょうか。

“1・2色”とは、イロドリ指定のインクを1色または2色使って印刷することです。
社名やロゴ、住所のみのシンプルなデザインの場合に“1・2色”をおすすめしています。
特定のインクで表現するため、見栄えよく印刷ができますよ。

一方、“フルカラー”は、通常の印刷と同様に4色のインクで印刷するため、お店や会社のロゴマークがカラーの場合や、カラフルなデザインの封筒をつくりたい場合にオススメします(イロドリックのロゴはカラフルなので、フルカラー印刷が必要です)。

封筒を注文してみた!


それでは、以前このコーナーで“ゴルフボール”を注文した手順で、封筒も注文してみましょう!

イロドリサイトのTOPページ
商品をさがす>商品イメージから探す をクリックします。
kenshou_0805-1

封筒・挨拶状印刷をクリックします。
kenshou_0805-2
いろいろな商品があります♪

カラー印刷の封筒はこちら
をクリックします。
kenshou_0805-3

サイズが豊富ですね。
封筒のサイズは、“角1”“長4”“洋2”など封筒独自のネーミングになっております。
呼び名は封筒のサイズによって異なり、中に入れるもののサイズも異なってまいります。
封筒比較
たとえば、
角1は、B4(257×364mm)サイズ
角2は、A4(210×297mm)サイズ
角3は、B5(182×257mm)サイズの用紙を入れるのに向いています。
同様に、
長3は、A4の3つ折り(210×100mm)程度のサイズ
長4は、B5の3つ折り(182×86.5mm)程度のサイズ
洋長3はA4の3つ折り(210×100mm)程度のサイズ
洋2は、A4の縦横4つ折(105×148.5mm)サイズ(案内状サイズ)
です。参考にしてくださいね。

今回は“洋長3”封筒をチョイスします。
kenshou_0805-4

ちなみに、通常は“印刷仕様をえらぶ”以降も、順番に沿って進みますが、仕様を選ばずに“価格表”ページに飛ぶこともできます。
kenshou_0805-5

この“価格表”上でも各種仕様が選択できるので、仕様や生産日数による価格の違いを比較したいときに便利です。

用紙の種類も豊富です!
〒枠がもともと付いているものと、付いていないものがありました。
イロドリがオススメしている“【〒枠なし】ケント(白封筒)”を選びます。
kenshou_0805-6

この仕様で注文した商品がこちらです。
kenshou_0805-7
洋長3封筒。横向きの封筒です。

kenshou_0805-8
A4サイズの3つ折りチラシがすっぽり入ります

次回は、“透けない”用紙の封筒を検証してみます。
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加