バックナンバー IRODOLIC! の歴史がわかる! 2015年1月~2016年3月の記事アーカイブ。

連載:検証してみた

チラシの折加工はマンパワーでも可能!?折加工オプションと比較してみよう! 
こんにちは。WEBサポートの山本です。
イロドリ商品の機能性や耐久性をいろんな視点で検証していくコーナー。
今月はイロドリのご利用件数No.1の“チラシ・フライヤー印刷”を検証しています。

チラシの折加工を検証してみた!


イロドリックのコンテンツ“スズキくんの折加工講座”はご存じでしょうか?
印刷通販イロドリの敏腕営業マン、スズキが配信している動画コンテンツです。
様々な折加工について気が向いたときに配信していますので、見てみてくださいね。
今回は、この中でも紹介したZ折りを実際に作業してみます!

Z折りは、印刷物を3等分に折る加工です。アルファベットのZ(ゼット)のように見える折り方なので“Z折り”と呼ばれています。
DMやパンフレットなどのチラシでよく目にしますね。
kenshou_0729-1

折り始める前に、表(表紙)になるところを決める必要があります。
折加工付きのチラシを作る場合は、表紙にする面にキャッチコピーやお店の名前などがくるように、お客様の目に留まることを考えつつ制作します。
適当に折ったチラシでは、あまりインパクトがなく、せっかくデザインしても台無しになってしまいます。
kenshou_0729-2
イロドリックのマーク付きの方を表面にします

それでは先日イロドリで注文したチラシ100枚を使ってじゃんじゃん折ってみましょう!
kenshou_0729-6

1分経過…
kenshou_0729-3

5分経過…
8枚くらい折ったかな?3等分に折るのって簡単でスグできるって思っていましたけど、ズレたりして意外に難しいですね~。
kenshou_0729-7
ちょっと折りがズレてしまい、裏面の白が見えてしまいました。


10分経過……ふぅ~
kenshou_0729-4

15分経過………
kenshou_0729-5
「あの~、すみません!疲れちゃいました……」


え!?折りの作業をお願いしたデザインサポートの〇セさん、まさかのリタイアです!
ひたすら折る、という単調な作業ですが、この調子で頑張れば1時間程度で100枚イケそうだったのですが…。
折加工を自力で行うには、作業者の精神力と体力も重要だということですね…(汗)
ちなみにイロドリに注文すると
3つ折(Z折り)は100枚1,505円(税抜)になります。
1枚あたり15円(税抜)程度。専用の機械が行うため、白旗を上げることもありません(笑)
大量の枚数が必要だったり、すぐに配布や封入をしたい場合は、折加工付きでの注文が便利です。
※折加工をプラスすると生産日数が1日加算されます。ご注意ください。

仕事の合間やがんばってくれる誰かがいれば、100枚程度ですと
自力で折加工を頑張れる範囲だ!ということが判明しました。
何人かで分担して作業するのもいいですね。


まとめ


1ヶ月にわたってお送りしたチラシ・フライヤーの検証はいかがだったでしょうか。
これまでの検証結果をまとめてみました。

インクジェットプリンタとイロドリのチラシの価格については
インクジェットvsコンビニvsイロドリ=51.5円<50円<6.5円
でイロドリのプリントが圧倒的に低価格でした。

印刷用紙については、
OA用紙<コート紙
でイロドリでオススメの“コート紙”を使用したおかげもあってプロっぽくなりました。

そして今回、100枚程度の小部数であれば、折加工は自力でできる範囲であることが実証できました。

とはいえ、手軽さや今すぐに欲しいといったスピード対応については、コンビニのプリントや家庭でのインクジェットプリンタは大活躍します。
それぞれの特徴を活かしてチラシ作成に臨みましょう!


今後もイロドリ商品の機能性や耐久性をいろんな視点でどんどん検証していきます。
これお願い!とか何かお題があったら喜んで検討いたします。

さあ、次は何を試そうかな?
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加