バックナンバー IRODOLIC! の歴史がわかる! 2015年1月~2016年3月の記事アーカイブ。

連載:検証してみた

小部数にオススメ!のシールを検証してみた!第2弾! 
皆様こんにちは。WEBサポートの山本です。
イロドリ商品の機能性や耐久性をいろんな視点で検証していくコーナー。
今月は、汎用性の高い「シール」を検証しています。

前回は「シートシール」でシールの用紙と貼る媒体との相性を検証してみました。
今回は「ロゴ・訂正シールを検証してみましょう!

「ロゴ・訂正シール」って??


前回は「ロゴ・訂正シール」と「シートシール」の違いをお伝えしました。
1枚のシートに印刷されるのが“同じ絵柄”か“様々な絵柄”かということです!

ところで「ロゴ・訂正シール」って変わった変わった商品名ですよね。
(ロゴなのか訂正シールなのかどっちなのって感じですね)
イラストやマークやお店のロゴなど“同じ絵柄”を多く必要とするときは、「ロゴシール」としてつくりましょう。

一方、印刷した冊子やパンフレットに間違った文字を発見!?
そんなときに活躍するのが「訂正シール」。
訂正したい文字列のみデータを用意し、印刷します。

というわけで、双方の要望を満たしているので「ロゴ・訂正シール」というネーミングの商品なのです。kenshou_0408-9
(たくさん文字のシールがあって目がチカチカします(笑))

注文してみる


イロドリサイトの左上の「商品をさがす」「商品イメージからさがす」
より商品を選びます。
>>印刷通販のイロドリはこちら
大きさ・種類を選びます。
kenshou_0408-7
今回は“~5平方cm”のサイズを選択します。

シール用紙の種類は6種類。
kenshou_0408-8
用途に合ったシール用紙をえらびましょう。

パンフレットに貼って検証ターイム!


イロドリの運営会社「プリマリール」の会社案内の2つ折パンフを使います。
(イロドリらしくパステルカラーでシャレオツですね!)
kenshou_0408-1
表4の情報に「訂正シール」を貼ってみましょう。

ここに普通のシール紙を貼ると…
一見、問題ないようですが、よく見ると下地がうっすらと透けています。
kenshou_0408-2
訂正シールでは、透けないようにシール地の裏がグレーになっております。
訂正前の情報をきちんと隠してくれる、スグレモノなのです。
kenshou_0408-4

こちらのパンフレットは「マットコート」の用紙ですので「訂正アート紙」をおすすめいたします。
kenshou_0408-5
通常のシール用紙と訂正シール用紙では、裏地のグレー色が表側に反映され若干暗く感じますが、貼りこむ媒体と合わせることで違和感なくご利用いただけます。
次回は、他の訂正シール用紙の相性を探ってまいります。

【番外編】サイズの出し方

価格は、シール1個あたりの面積によって異なってまいります。
計算方法は
カットパス(シールの形となる線のこと)のサイズ タテ(cm)×ヨコ(cm)=○○平方cm を算出します。
たとえば今回依頼したシールがコレ!
kenshou_0408-6

7.7cm×0.6cm=4.62平方cm

ですので~5平方cmのサイズを選択します。
4月8日現在のイロドリ価格ですと100枚3,599円(税込)~となります。ご参考にしてみてくださいね。
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加