バックナンバー IRODOLIC! の歴史がわかる! 2015年1月~2016年3月の記事アーカイブ。

連載:検証してみた

ポストカードと最も相性の良いペンは?[筆ペン編] 
皆様こんにちわ。
イロドリ商品の機能性や耐久性をいろんな視点から検証していくコーナー。
前回から引き続き「ポストカード」とペンの相性を検証してみます。

今月最後となりましたが「筆風のペン」で「ポストカード」との相性を探ってみましょう!
kenshou_0225-1

年賀状や招待状など、大切な友人やお客様には直筆で心を込めて書き綴りたいものです。
筆書きすると、心が落ち着きます。とめやはらいなど、丁寧な筆運びで書きしたためるからでしょうか。

筆で書きたいところですが、わたくしは筆文字に慣れておりません。
(PC操作がメインの業務なので、文字を書くこともままならないのです…)
そこで、今回は筆文字の風合いを手軽に再現できるお助けペン「筆ペン」に活躍してもらいます。

まずは「上質紙」
通常の郵便はがきと同じ紙です。
筆書きということで、縦書きにしてみました!
紙にインキが染み込んでいくのが、インキの色で分かりました。
少々グレー気味に見受けられます。
また、はらいのとき、紙に筆先がひっかかるような感触がありました。
kenshou_0225-joshitsu


続きまして「マットコート」
筆の運びが滑らかになりました。
墨色がしっかりと再現されていて文字の発色が良いです。
kenshou_0225-mat


そして最後は「アートポスト」
他の用紙に比べて筆ペンの滑りがぜんぜん違います!
ペンが滑ってしまうので、さらにゆっくりとゆったりと書く必要があります。
普通の速度で書いたら文字のとめはねが下手になりました。(そうでなくても元々下手でした。スミマセン…)
kenshou_0225-art

10秒後にこすってみた!

それぞれのポストカードに「イロドリックの検証で筆風のペンで書いてみた。」と3回書き込み、10秒後に指で擦ってインキの乾きやすさを検証しました。
kenshou_0225_10s-hikaku
拡大!
kenshou_0225_10s-hikaku_big
はい!乾きません!!
文字がかすれてしまいました……。

インキの乾きやすさ
上質紙>アートポスト=マットコート

前回と同様、インキが乾かず、
シャーーーーーーーーーーっとなってしまいました。

用紙の表面の質感の影響ですね。
実は、「アートポスト」と「マットコート」は、印刷の適性を上げるために、用紙の表面に特殊な塗料を塗布していて「塗工紙」と呼ばれています。
一方「上質紙」は、原紙状態の紙のままで「非塗工紙」と呼ばれています。
用紙の表面にお化粧をしているかしていないかの差が、インキの乾きやすさに影響していました。

表面も検証してみた!

表面には全面にデザインを施し、ハート部分は自由に書き込めるようにしました。
ほとんど差は見られず、どの用紙も書きやすい、ですが
触らないでインキが乾くのを待ちましょう(笑)!
kenshou_0225_front

まとめ

kenshou_0225-matome-yoko

ポストカードと最も相性の良いペンを探ってまいりましたがいかがでしたでしょうか。
コメントを書くとき、挨拶状を書くとき、年始の文章を書きしたためるとき、など、シーンにあわせてお使いください。

今後もイロドリ商品の機能性や耐久性をいろんな視点でどんどん検証していきます。
これお願い!とか何かお題があったら喜んで検討いたします。

さあ、次は何を試そうかな?

タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加