バックナンバー IRODOLIC! の歴史がわかる! 2015年1月~2016年3月の記事アーカイブ。

連載:海外印刷通販頼んでみた

英国の貴婦人に憧れて! イギリス?で名刺をつくるざます Vol.4
こんにちは、IRODOLIC! 編集部のT山です!
kaigai08_01

「海外の印刷通販サイトのサービスはどのくらい充実しているのか」を探っていくこの「海外印刷通販頼んでみた」のコーナー。

第一回目の台湾のサイト「健豪」さんに続いて、第二回目となる今回、頼んでみたのはUKのサイト、「MOO」(http://uk.moo.com/)さんです。

そして印刷したのは、オリジナルの名刺!

なぜ名刺にしたかというと、大きな声では言えませんが……。
わたくしT山が「イギリス製のセンスある名刺を武器に、取引先からモテたい」ため、 その一心でございます。
前々回(Vol.2)では、IRODOLIC!編集部のT山と、IRODOLIC!のデザイナー、セグチがそれぞれ、「MOO」さんのテンプレートを利用してオリジナルの名刺をデザインしました。

★デザイン作業の模様はこちら
http://blog.iro-dori.net/kaigai/4390/

そして、無事にデザインした名刺を注文したのが前回(Vol.3)でした。
★注文時の模様はこちら
http://blog.iro-dori.net/kaigai/5265/

ということで、最終回である今回はズバリ、イギリスから届いた2人分の名刺の開封式を行おう、というわけです。

ちなみに、注文時、商品の到着を「7月21日」と選択したのに、
なんと10日以上も前の「7月8日」に届きました。は、早すぎる??
イロドリでいうところの“前倒し出荷”なのかしら(若干の不安)……。

—————–

T山: はい、というわけでいきなりですが、こちらをご覧ください!

kaigai08_02

T山: はるばるイギリスより届いた小包です。
「Global Mail」と大きく書かれた宛名シールが貼ってありますね。
セグチ: ブランド名の「MOO」のロゴとかは一切表示されていないんですね。裏にはラベルも何にもないようだし。あっさりしているんだなぁ。

kaigai08_03
T山: チッチッチ、わかってないなぁセグチくん、シンプルなのが英国風なのよっ!

kaigai08_04
セグチ: あ、そうですか(無関心)。じゃあ、さっそく開けてみましょう。

kaigai08_05
T山: よーし、レッツ、オープン!!!!

kaigai08_06

T山: おおっ!!! 名刺の箱が2つ入っているわよセグチくーん!
セグチ: そりゃそうでしょ、2つ注文したんだから。
T山: 取り出してみるわね。
セグチ: ん??
T山: むむっ!

kaigai08_07
kaigai08_08

T山&セグチ: かっ、かっこいい〜〜〜!
T山: 黒のケースに黄色いラベルが映えるわ〜。
セグチ: フタのようにかぶせるタイプではなくて、引き抜くタイプのケースですね。しかも全部覆わないところにセンスを感じますね〜。
この箱、カードケースとして利用したいな。
T山: あれ、裏に何かカードが挟まっている……。

kaigai08_10
kaigai08_11
セグチ: これは名刺の情報を示すカードみたいですね。
上には注文した人(クレジットカードの持ち主)の名前やオーダー番号が書かれています。
下の「OG」とか「GS」というのは、注文する時に選んだ、名刺のタイプのことですね。「GS」はグロスで、「MT」はマットのことだな。
T山: なるほど〜。ねぇ、セグチくん、早く開けてみようよ!
セグチ: よし、じゃあ箱を引き抜いて……。

kaigai08_12
T山: おおお、いよいよご対面ね!

kaigai08_13

T山がデザインした名刺
kaigai08_14

セグチがデザインした名刺
kaigai08_15

T山: セグチくん、さすがはデザイナーだわ。ハッキリ言って名刺に見えないけど(笑)、すっごくカッコイイし、裏に刻まれたイニシャルがオシャレだね!

kaigai08_16
セグチ: いやいや、T山さんの名刺こそステキですよ〜。カラフルでありながら同系色でまとめていて統一感もあって、絶妙ですよね〜。
しかも裏面はカラーのバリエーションがあるから、「この人にはこの色」なんて、渡す楽しみもありますよね。
T山: あらやだセグチくん、そんなにホメてくれちゃって! うれしいじゃないの。

kaigai08_17
T山: そういえばセグチ君の名刺、届いた50枚のうち、裏のイニシャルが若干ズレて印刷されているものがあったな……。
セグチ: T山さんの名刺には、うっすら擦り傷がついているものが数枚ありましたね。

T山&セグチ: ま、いっか〜。

セグチ: 仕上がりがカッコイイもんだから、あまり気にならないですね。
T山: うんうん。いやーそれにしても、この名刺なら、本気で英国紳士をゲットできるかも〜〜……。


kaigai08_18
T山:IRODOLIC! 編集部のT山と申します
男性:よろしくお願いします。頂戴いたします…

kaigai08_19
男性:ステキな名刺ですね
T山:あら、そうですか…? 実は、イギリスの会社に依頼してオリジナルで作ったんで………

kaigai08_20

T山: ギャー! セ、セグチくん!

kaigai08_21
セグチ: は? なんですか? 大声出して。
T山: い、いや、なんでもないよ。

セグチ: どうせ、さっそく妄想で名刺交換してたんでしょ〜?
kaigai08_22


セグチ: でも、この名刺なら、ホントにセンスのあるいい男が食いつくかもしれませんよ。オシャレだし。
T山: ント?? いやーセグチくんの名刺も、きっと女性が手に取ったら相当なインパクトだと思うなー。
セグチ: 「MOO」さんの豊富なテンプレートのおかげですね。
T山: そうね。じゃあ、今回、「どちらがセンスのある名刺が作れるか」ていう対決だったけど、ドローってことでいいかな?
セグチ: ですね。じゃあ記念に……。

kaigai08_23

おしまい♪

「MOO」まとめ

今回ご紹介した「MOO」のサイトについてのまとめです。

・ 「MOO」はイギリスのサイトで、日本からの注文、日本への発送もOK。

・印刷できるものは、名刺やチラシ、ポストカードにステッカーなど、オーソドックスなもの。Tシャツやバッグなど不定形のものには対応していないが、とにかくサイトのつくりからオシャレで、創作意欲をかきたてられる。

・自分で画像を用意してデザインすることもできるが、オシャレで豊富なテンプレート利用したほうが「MOO」の特徴を活かせる。

・名刺を注文してみて、50枚で2000円と決して安くはないが、カードケースまでオシャレで、誰でもステキなデザインが作れるので満足度は非常に高い。

・インターフェイスがわかりやすく文字も英語なので、注文の手続きもほぼ迷わずに日本で発行したクレジットカードで簡単に行える。

・今回たまたまだったのかもしれないが、予定の期日よりも大幅に早く品物が届き、嬉しいサプライズだった。


英国のエレガンスなイメージそのものだったという印象の「MOO」さん。
名刺だけでもオーソドックスなものから高級な紙仕様やスクエアなタイプなどさまざまな種類が選べるし、おまけにオシャレなデザインテンプレートがたくさんあるので、ぜひまた頼んでみたいと思いました!
タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加